>

ウォーターサーバーの毎月料金は

RO水とは何か?

RO水とは人工的に作られた水の事です。水源は水道水や地下水になっています。
天然水と同じように不純物のろ過処理を行った後に、RO膜と言われている逆浸透膜のフィルターを使って、より綺麗なお水になるように処理をしたお水になっています。
RO膜はミネラル分も取り除いてしまうため、後からミネラル分を添加しています。
ミネラル分を添加されていないRO水は純水のため、赤ちゃんや妊婦さんにも安全に口にできることから人気となっています。
しかし、天然水とは違い、あくまでも人工的に作られたお水になっているため、お水の味が合わないと思い方もいるのだそうです。
ウォーターサーバーで分かれるのは、安全面を重視するか、お水の味を重視するかでも変わってくるのではないでしょうか。

天然水とは何か?

ウォーターサーバーのお水の種類にある天然水は、産地によって異なる水源を源水としたお水の事を天然水としていますが、自然のままのお水をそのまま使っているわけではありません。
天然水と聞くと手を加えられていない自然なお水をイメージする人も多いかと思いますが、実際には自然なお水でも不純物などがあるため、最低限ろ過処理されているものが多いでしょう。しかし、産地やろ過されていない自然なままの天然水をこだわっているメーカーもあるといいます。
どこの産地のお水なのか、ろ過処理されているのか、処理されていない自然なままの天然水なのか、気になる方はメーカーさんや業者さんに詳しく確認してみるのも良いかと思います。
また、産地によっても、お水に含まれているミネラルやカルシウムなども違うため、飲み比べをして自分の好みの天然水を見つける事ができるかもしれません。


この記事をシェアする