>

ウォーターサーバーのメリット

水道水直結型とは何か。メリットは?

ウォーターサーバーには水道水直結型という種類があります。
水道水直結型とは、水道管パイプから直接サーバーにつなぐことができるサーバーになっています。
サーバーにはろ過装置があり、水道水の不純物をろ過してくれるため、綺麗なお水を飲むことができます。
直結型のメリットは、水道に直結しているため、お水の料金がかからない事やボトルの保管をする事で保管場所に困る事もないです。
また、重いボトルの交換は業者がしてくれたら楽なのですが、自分で交換しなくちゃいけないのは面倒ですよね。
ボトルの交換や忙しくて受け取りが面倒という方にはおススメです。
飲み水以外にもお料理などにも使用されるご家庭には、一本何リットルのボトルのお水だけでは足りない、夏だと飲み水の量が増えてボトルを買い足しすると高くなってしまうデメリットがないためおススメです。

水道水直結型のデメリットとは

ウォーターサーバーの水道水直結型は、手間なボトル交換やお水の料金がかからないなどの様々なメリットがありますが、デメリットもあります。
水道水直結型は水道管のパイプにつなぐ必要があるため、工事の手間や初期料金も高額になってしまいます。
相場は2万円前後が多く、設置場所を変えるだけでも工事が必要になります。
また、水道水から離れていると延長ホースを使っての取り付けにする事もできますが、水道自体がない場合は設置はできません。
サーバーの料金は、ボトルなどのお水を購入するメーカーでは無料でレンタルできるところもありますが、相場は3500円から5000円内が相場になります。
また、お水の味が味気ない、美味しくない、そんなにお水を使わない方にはデメリットになってしまいます。


この記事をシェアする